金沢大学先端科学・社会共創推進機構

NEWS

創薬・ライフサイエンス産学連携(オープンイノベーション)公募情報

公募情報

先端科学・社会共創推進機構(FSSI)から、創薬・ライフサイエンスに関連する産学連携、オープンイノベーションや共同研究公募等の情報をお知らせします。

(新規情報を赤字表示しています。)

 

***最新情報に関しては、各公募先のURL等を再確認願います***

  

●現在公募中の共同研究・研究助成

    【アストラゼネカ社 Open Innovation Preclinical Toolbox 期間限定プログラム】

    募集期間:2020年5月12日(火)~2020年7月10日(金)

    対象:オンコロジー分野

    趣旨:特定のOncologyの非臨床研究テーマに関して、提案を国内研究者から募集し、

    採用したものについてAZから化合物、研究費用の一部を提供可能とする。

    研究費:1件あたり1万~4万米ドルを予定。研究計画に応じてアストラゼネカ海外本社が決定。契約はAZUK対研究機関。 

    募集テーマ及び詳細:

    https://www.astrazeneca.co.jp/content/dam/az-jp/vri/labo/proposals.pdf

    オープンイノベーション全体サイト: https://www.astrazeneca.co.jp/vri/labo.html

    申請手続きその他問い合わせ先(Open Innovation担当・松本)

    biotech.transfer.japanastrazeneca.com

    ※☆を@に変更ください。

 

   

    武田薬品工業(株)COCKPI-T® Funding

    募集期間:2020年6月1日(月)~2020年7月30日(木)17時

    https://www.takeda.com/jp/cockpi-t/

    ・概要:COCKPI-T Fundingは、創薬に繋がるアイデアをお持ちの先生方から応募を受付け、

    採択された方には研究費と必要に応じて創薬関連技術・資産をご提供し、アイデアの実現可能性検討試験を行っていただくという仕組みです。

    ・研究課題:重点領域(ニューロサイエンス研究、免疫研究(中枢・がん)、再生医療研究、希少疾患研究、

    創薬研究技術に関し弊社が提示する課題(websiteをご覧ください)    

    ・研究費:500万円程度

    ・お問い合わせ:武田薬品工業 COCKPI-T Funding事務局(COCKPI-Ttakeda.com)

    ※☆を@に変更ください。

    

    【大日本住友製薬(株) PRISM  研究開発シーズ募集型】

    募集期間:2020年5月11日(月)10:00~2020年7月31日(金)17:00

     https://www.ds-pharma.co.jp/prism/

     ・精神神経領域(神経疾患、精神疾患、神経発達障害、など)

     ・モデル、スクリーニング系技術

    

    【EAファーマ(株)創薬研究パートナー募集】

    募集期間:2020年5月7日(木)~2020年7月31日(金)

    https://www.eapharma.co.jp/openinnovation/program.html
    ・消化器関連疾患領域:IBDNASH、膵炎、IBSNSAIDs起因性粘膜障害

    

    【第一三共製薬(株)TaNeDS(タネデス)】

    募集期間:2020年7月6日(月)10:00〜9月7日(月)17:00

    https://www.daiichisankyo.co.jp/corporate/rd/taneds/guideline/theme.html

    ・募集テーマ:創薬テクノロジー研究、創薬ターゲットの探索・検証研究、第一三共のモダリティ活用研究

    ・研究費:原則1000万円まで(総額)

    

    【持田製薬(株)共同研究公募プログラム「MOIRe」】

    募集期間:2020年7月1日(水)~2020年9月30日(水)

    http://www.mochida.co.jp/company/rd_openinnovation.html

    ・研究テーマ:産婦人科領域・消化器領域・整形外科領域の疾患に対する医薬候補品

     子宮内膜症については、創薬標的候補および評価系

    ・研究期間:原則1

    ・研究費:最大500万円(案件ごとに協議の上決定)

    ・お問い合わせ:moire.infomochida.co.jp

    ※☆を@に変更ください。

   

●オープンイノベーションニーズのある企業

    【イーライリリー社】

     https://www.lilly.com/partners/scientific-partnering-areas-of-interest 

    Deabets, Neurodegeneration, Immunology, Pain, Oncology分野

    ・日本でのマッチングイベントの実績有り

     →例:2017年実績

    http://o-fsi.w3.kanazawa-u.ac.jp/news/2017/04/innovation-day-japan.html

    

    

その他の情報

    OUT OF BOX 相談室:研究成果実用化育成支援プログラム】

   

    (毎週金曜日午後 予約制 参加費不要:東京・日本橋)

   

    東京や大阪に出向く必要がありますが、複数の外資系・内資系製薬企業のライセンス部門や

    研究企画担当者から、研究シーズの提案の仕方について面談で

    アドバイスをいただける機会も増えてきました。

   

    https://www.link-j.org/consultation/

    主催:LINK-J(一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン)

   

    --金沢大学出張「Out of Box 相談室」

    201782日、本学教員の創薬研究テーマについて、外資系製薬企業関係者を中心とする

    製薬・医療の専門家が対面で個別にアドバイスする金沢大学出張「Out of Box 相談室」が

    LINK-J(一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン)の協力で

    初めて開催されました。アドバイスの詳細と、当日の紹介動画を公開します。

    https://www.link-j.org/report/post-225.html

    https://www.link-j.org/news/post-241.html

   

    

    AMEDが実施する創薬総合支援事業「創薬ブースター」】

    AMEDでは、製薬企業等への導出を目指す大学の創薬シーズを収集し、

    研究のための経費(500万~1,000万円またはそれ以上)および製薬企業出身者による

    研究戦略アドバイス等の支援を行っています。

    特に、外部に公表していない、特許も未出願であるようなフレッシュで独創的な

    シーズ提案が求められます。

    https://www.amed.go.jp/program/list/11/02/001_01-01.html

    

    AMEDぷらっと(シーズ・ニーズのマッチングシステム)】

    AMEDが新規に開設したWebサイト型のアカデミア発のシーズと

    企業のニーズのマッチング支援システムです。

    https://www.amed.go.jp/chitekizaisan/amed_plat.html

    

    

*********************************************************

FSSI問い合わせ先

 

Email:o-fsi@adm.kanazawa-u.ac.jp

*********************************************************