金沢大学先端科学・社会共創推進機構

NEWS

【教員公募】先端科学・社会共創推進機構 教授又は准教授(学術研究推進グループ又は社会共創推進グループ)

公募情報

金沢大学は、「地域と世界に開かれた教育重視の研究大学」と自らを位置付けて改革を進め、「東アジアの知の拠点」として世界水準の研究を推進するとともに、得られた優れた研究成果を広く社会で活用いただくことを推進しています。


先端科学・社会共創推進機構では、基礎研究から応用研究に至る全領域の研究支援と、イノベーションの創出に向けて、自治体、企業等と連携した実証型の研究プロジェクトや共同研究等を展開します。

この度、次のとおり教授又は准教授(リサーチ・アドミニストレーター(以下「URA」という))を募集します。

[仕事内容]
URAとして、金沢大学全体の研究力強化に資する研究推進業務又は産学官連携業務を統括・マネジメントいただきます。どちらを担当されるかは、応募者の希望と経歴を考慮し、相談の上決定します。

 

1. 職種及び募集人数:教授又は准教授 1名

 

2. 所属:先端科学・社会共創推進機構 [機構Webサイト] http://o-fsi.w3.kanazawa-u.ac.jp/
    学術研究推進グループ又は社会共創推進グループ

 

3. 勤務地:金沢市角間町 金沢大学

 

4. 勤務形態:常勤教授(任期なし)又は常勤准教授(任期なし)

 

5. 給与:年俸制(その他(1)を確認)

 

6. 応募締切日:令和 2 年 11 月 30 日(月)(当日消印有効)

 

7. 採用予定日:令和 3 年 4 月 1 日

 

8. 業務内容・応募資格・提出書類等について
  ①担当業務
    URA として、金沢大学全体の研究力強化に資する研究推進業務又は産学官連携業務を統括・マネジメントいただきます。

    どちらを担当されるかは、応募者の希望と経歴を考慮し、相談の上決定します。
   A.研究推進業務(学術研究推進グループ)
   (1)競争的外部資金獲得のための企画立案
   (2)上記を行うために必要な情報収集及び各種データ分析
   (3)大学の研究力強化に資する取り組みの企画立案
   (4)大学の研究力に関するIR 業務
   (5)その他(アウトリーチなど)
   B.産学官連携業務(社会共創推進グループ)
   (1)学内の技術シーズと学外のニーズのマッチング支援
   (2)大型産学連携共同研究の企画及びプロジェクト・マネジメント
   (3)上記を行うために必要な情報収集及び各種データ分析
   (4)大学の産学官連携強化に資する取り組みの企画立案
   (5)国際共同研究等における英語での契約交渉・契約締結の支援(共同研究契約、守秘義務契約、研究成果有体物移転契約など)
   (6)利益相反等の研究リスクマネジメントにおける課題の抽出、解決案の提案
   (7)その他(大学発ベンチャーの支援など)
  ②応募資格
    修士以上の学位を有し、これまでの研究経験・業務経験等を活かした研究推進業務・産学官連携
    業務に強い関心・意欲をもつ者。修士の学位取得が見込みの場合、その時期を明記すること。
    なお、以下のいずれかの経験・能力を有することが望ましい。
   (1)大学等の研究者や企業・自治体等の関係者との円滑な協働ができる優れたコミュニケーション能力
   (2)大学等においてURA(産学官連携CDを含む)もしくはそれに類する実務経験
   (3)製薬企業やバイオ系ベンチャー企業での研究開発・研究支援等の実務経験
   (4)英語での契約交渉・契約締結業務の経験(企業法務に強い弁護士資格保有者であれば、なお望ましい。)
  ③提出書類(全てA4で作成すること。様式任意(履歴書除く))
   (1)履歴書(写真を添付し、高校卒業後の学歴・大学卒業後の職歴を記すこと。またE-mailアドレスを記すこと。)
   (2)業務経歴書
   (3)研究業績リスト
   (4)過去あるいは現在進めている研究の内容(2枚以内)
   (5)金沢大学先端科学・社会共創推進機構着任後の抱負
      (研究推進業務、産学官連携業務のどちらを希望するか明記した上で作成すること。1,200字程度。)

 

9. 応募書類の提出先
  金沢大学研究・社会共創推進部 研究推進課(E-mail risomu@adm.kanazawa-u.ac.jp)
   1. 応募書類は、全てE-mailにて、それぞれの提出先アドレス宛てに送付してください。
   2. 5MBを超えるファイルは受け取れないため、別途アップローダーを利用してください。
   3. メールのタイトルは「先端科学・社会共創推進機構教員応募書類」と入力願います。
  なお、応募書類は原則として返却しません。

 

10. 選考方法
   書類審査・口述試験等により行います。選考の最終過程において面接を行う場合がありますが、その際の旅費等は応募者の負担とします。

 

11. 問合せ先
   〒920-1192 金沢市角間町 金沢大学先端科学・社会共創推進機構
   社会共創推進グループリーダー 准教授 安川直樹(やすかわ なおき)電話 076-264-6157
   E-mail yasukawa@staff.kanazawa-u.ac.jp

 

12. その他
   (1)就業規則及び年俸制は、下記URLを参照してください。
      http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/administration/regulation/rules
   (2)応募により取得した個人情報は、選考及び採用後の人事・給与・福利関係等の手続を行う目的で使用するものであり、

      この目的以外で利用又は提供することはありません。
   (3)金沢大学では男女共同参画を推進しています。詳細は下記URLをご覧ください。
      http://cdl.w3.kanazawa-u.ac.jp/index.html
   (4)金沢大学では、教員の英語による教授能力向上と、英語による開講科目の増設などを前提とした英語教育に取り組んでいます。

      下記URL をご覧ください。
      http://sgu.adm.kanazawa-u.ac.jp/kusgu/project.html

 

【金沢大学】先端科学・社会共創推進機構教授又は准教授公募要項.pdf