金沢大学先端科学・社会共創推進機構

VBL


vbl-hasegawa (1).jpg

べンチャー・ビジネス・ラボラトリー長/
インキュベーション施設長
長谷川 浩

 金沢大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)は先端科学・社会共創推進機構内に組織されており、事業化ならびに商品化を目指した学内教職員による研究の支援や学生の起業マインドの醸成および個別提案に対するコンサルティングなど、学内の知見・発想が社会と連携し、また社会のニーズに対応できるようにすべく、先端科学・社会共創推進機構内の各グループとともに連携しながら活動しています。

 上記目標を達成するために、VBLは以下のような活動を行っています。
 まず、学生の初期教育として共通教育科目「アントレプレナー学入門」を開講し、起業 において必要となる基本的事項の解説に始まり、起業経験を持つ講師の招聘を通じた応用的な観点からの授業によって起業マインドの醸成を行っています。
 また、実際に起業を志す学生を対象にしたアントレプレナーコンテストを実施し、具体的な提案内容の事業化プランの競い合いを通じたアントレプレナーの養成を試みています。アントレプレナーコンテストに付随してアントレプレナーセミナーを実施し、VBLスタッフおよび学外講師による起業に関連する社会的な情勢や支援体制の現状、ならびに各ビジネスプランに対する具体的な助言やプレゼンテーションの改善などの支援を行っています。
学内教職員に対しては、 ベンチャービジネスの萌芽となることが期待できる独創的な研究開発プロジェクトの推進のための支援を行っています。具体的には、プロジェクト研究を推進するための施設内研究室の貸出しやその中から選ばれた研究プロジェクトについて博士研究員の雇用による事業化の促進を支援しています。
また、VBL利用者に限らず学内教職員に対して、VBLが管理する機器を利用した研究推進を支援しております。X線開設装置、FE-TEMのような従来からの機器に加えて、3次元プリンター、赤外線 サーモグラフィー、微量粒子解析装置の導入を進めています。

 上記以外にも、ベンチャービジネスや起業関連情報をVBLのウェブサイトに掲載するなど、学内の皆様がお持ちのシーズを社会のニーズに見合うように展開し、 それを外部に発信して企業化に結び付けるために、少しでもお役に立てるような活動を行っています。学内外の皆様のご理解とご協力により、企業のニーズと大学の シーズによる優れた共同研究が活発に行われ、その中から金沢大学発の研究成果が多数生まれ、知的財産として社会に広く還元されるとともに、次世代の アントレプレナーが生まれることを期待しています。
皆様には本施設をご利用いただき、本学発の事業や製品への成果が生まれることを願っております。ご支援ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

概要

金沢大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(以下,VBL)は,若手研究者等の知的活力を最大限に活用し,ベンチャー・ビジネスの萌芽となるべき独創的な研究プロジェクトを推進するとともに,高度の専門的職業能力を持つ創造的な人材を育成することを目的に,平成16年に「人間・環境システムの解析・設計技術の研究開発」の研究発信基地として設置されました。

平成24年4月には,部局等を超えた学際的融合新領域の創出により金沢大学における教育研究の一層の高度化を推進し,かつ基礎研究から応用研究まで一貫した研究支援と産学官連携による研究成果の社会還元を促進し,金沢大学の教育研究の活性化と社会貢献に資することを目的とし,フロンティアサイエンス機構,イノベーション創成センター,インキュベーション施設およびVBLを統合し,「金沢大学先端科学・イノベーション推進機構」(研究戦略・企画調整グループ,研究推進グループ,プログラムコーディネートグループ,産学官連携・知財推進グループ,地域イノベーショングループの5つのグループ及びインキュベーション施設・VBL)に改組再編されました。

VBLの構成

平成13年度 「人間・環境システムの解析・設計技術の研究開発」をテーマとして文科省に概算要求
平成14年度 補正予算設置
平成15年度 角間キャンパス南地区に建物の竣工,及び設備の納入,試験運用等
平成16年度 6月より本格運用
平成20年度 共同研究センター、インキュベーション施設、VBLを「イノベーション創成センター」に再編
平成24年度 フロンティアサイエンス機構、イノベーション創成センターを「先端科学・イノベーション推進機構」に再編
平成30年度 地域連携推進センター、先端科学・イノベーション推進機構を「先端科学・社会共創推進機構」に再編

VBL担当スタッフ

令和2年度VBLは以下のスタッフで運営しております。

  • vbl-hasegawa (3).jpgベンチャー・ビジネス・ラボラトリー長 長谷川 浩(はせがわ ひろし)
  • vbl-yonekawa1.JPG産学官地域アドバイザー
    米川 達也(よねかわ たつや)
    米川達也のベンチャー支援情報」を連載しています。
  • 粟 正治.jpg産学官地域アドバイザー粟 正治(あわ まさはる) VBL施設にて研究を行っている先生方の成果報告を中心に活動しています。
  • 林 伸市.jpg産学官地域アドバイザー林 伸市(はやし しんいち) 学生・院生へのアントレプレナー教育・3Dプリンター・3Dスキャナー講習会の講師を中心に活動しています。
  • vbl-seryo-180x180-.jpgVBLコーディネーター
    瀬領 浩一(せりょう こういち)
    瀬領浩一のベンチャー支援情報」を連載しています。
  • vbl-tanakamizuki2020.jpgVBLコーディネーター
    田中 瑞規(たなか みずき)
    田中瑞規のベンチャー支援情報」を連載しています。
令和2年度先端科学・社会共創推進機構博士研究員

Begum Zinnat Ara(べがむ じーなっと あら)
藤田 光(ふじた ひかる)

主な取組み

本VBLでは,以下のような活動を実施します。

1.起業支援研究

VBL施設において17プロジェクト、博士研究員2名が研究を実施しています。この成果は,「研究成果報告会」で発表します。

2.「アントレプレナー学」

学部生を対象にオムニバス形式で,学内および学外講師により,起業家精神論,知財戦略,イノベーション教育などを講義しています。

3.「起業家育成セミナー」

「アントレプレナーコンテスト」参加者のみを対象としていた基礎セミナーを全学対象としました。

4.「アントレプレナーコンテスト」

起業を志す学生(大学院生を含む)の教育のため,起業に必要なノウハウを学ぶ「起業家育成セミナー」の開催を実施しています。

5.「3Dプリンター・スキャナー

3Dプリンターは「デジタルデータから直接様々な造形物を作り出す」という新たな"付加製造"技術として注目されています。将来のものづくりの人材育成、学生の柔軟なアイディア豊かなものづくり発掘ため、講習会や機器貸出を実施しています。

VBL細則

VBL刊行物・パンフレット等

ベンチャーカフェオープン
場所 VBL3階リフレッシュコーナー

  • ベンチャー起業を目指す仲間たちの集いの場[ベンチャー・カフェ]をはじめました
  • お気軽にご利用ください
  • KAINS Wi-Fi使えます
  • 小型ホワイトボード有
  • モニター、PC接続ケーブル有
  • 電気ポット、紙コップ
  • ベンチャー関連の書籍有
  • VBL発当施設研究から誕生したドリンクパックも提供しています。

ベンチャー・カフェ.JPG

2020年度イベント情報


※日時、場所変更する場合があります。随時更新しますのでご確認ください。

 

 

6月
19日(金)16時30分 アントレプレナーコンテスト説明会(VBL306セミナー室)

 

7月
15日(水)16時30分 アントレプレナーコンテスト説明会(VBL306セミナー室)

 

8月

 

9月

 

10月
01日(木)12時10分 実践アントレプレナー学ガイダンス(総合教育講義棟B8講義室)
05日(月)16時30分 アントレプレナーコンテスト説明会(ナノ生命科学研究所1階セミナー室)
10日(土)13時00分 実践アントレプレナー学「アイディア・課題への気づき」(ナノ生命科学研究所1階セミナー室)
     14時45分 実践アントレプレナー学「資金・財務・法務」(ナノ生命科学研究所1階セミナー室)
17日(土)13時00分 実践アントレプレナー学「ロジカル・シンキング」(ナノ生命科学研究所1階セミナー室)
     14時45分 実践アントレプレナー学「シリコンバレーでの実践」(ナノ生命科学研究所1階セミナー室)
24日(土)13時00分 実践アントレプレナー学「知財・特許」(ナノ生命科学研究所1階セミナー室)
     14時45分 実践アントレプレナー学「ビジネスプランの作成」(ナノ生命科学研究所1階セミナー室)
     16時30分 実践アントレプレナー学「ビジネス・プレゼンテーション」(ナノ生命科学研究所1階セミナー室)

 

11月
04日(土)14時00分 アントレプレナーコンテスト(自然科学系図書館棟G15会議室)

 

12月
09日(水)研究成果報告会(時間、場所未定)