能登未来社会SDGs研究部門

能登ならではの特色ある未来社会モデルの構築に挑戦します。

「能登未来社会SDGs研究部門」は、石川県珠洲市からの寄附を受け、金沢大学先端科学・社会共創推進機構に設置されている寄附研究部門です。

「能登里山里海研究部門(2014~2018)」および「能登里山里海SDGs研究部門(2019~2021)」の成果・実績をもとに、持続可能な開発目標(SDGs)の柱である「環境保全」「経済成長」「社会的包摂性」が調和した、能登ならではの特色ある未来社会モデルの構築に挑戦します。

project

研究プロジェクト

本研究部門では世界農業遺産(GIAHS)にも認定されている「能登の里山里海」という稀有な地域資源を基盤とした3つの研究プロジェクトを設定しています。

project 01

地域活性化に貢献する人材育成プログラムの実証的研究開発

project 02

里山里海を中心とした生物多様性・文化多様性に関する研究

project 03

地域特有の資源を活用した社会的な持続可能性に関する研究

STAFF

スタッフ

研究プロジェクト統括(PM)

篠田 隆行 Takayuki Shinoda

研究プロジェクト03
プロジェクトリーダー(PL)

小林 秀輝 Hideki Kobayashi

一覧を見る

institute

活動拠点

contact

お問い合わせ