金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構

当機構について

先端科学・イノベ―ジョン推進機構は基礎研究から応用研究に至る全領域の研究支援と産学官連携により得られる研究成果の社会還元を促進するため,従来研究推進を担当していたフロンティアサイエンス機構と産学連携・知的財産管理を担当していたイノベーション創成センターを統合して,平成24年4月に発足いたしました。本機構は「研究部門」と「アドミニストレーション部門」から成り立ち,「研究部門」では重点研究プログラムなどの本学に優位性のある研究プログラムを,また「アドミニストレーション部門」ではURA(University Research Administrator)を配置し,プロジェクトの立案から研究資金獲得,研究成果発信,知的財産管理,産学官連携などを支援しています。平成26年4月からは新たに研究機器共用を担当する部門を新設し,全学的な研究環境インフラの充実と機器共用にかかる制度の整備にも取り組みます。
総合大学としての多様性を維持することは言うに及ばず,加えて世界的な学問の潮流を見据え,部局等の枠を越えた学際的融合新領域の創出により本学の教育研究の一層の高度化・活性化を推進し,もって本学の国際競争力の向上と地域社会の発展に資する所存です。引き続き,皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

先端科学・イノベーション推進機構長 向 智里