金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構

NEWS

MEX金沢2017に出展

VBL お知らせ

MEX金沢2017に出展しました

ベンチャー・ビジネス・ラボラトリ-
産学官地域アドバイザー
粟  正治

      

 平成29年5月18日(木)~5月20日(土)石川県産業展示館にて開催されました「MEX金沢2017」の金沢大学ブースにて、今回初めてVBLから出展いたしました。

 「金沢大学の介護・保健分野における産学官連携活動のご紹介」を、テーマとして研究・開発の進捗あるいは商品化にこぎつけた以下の9つのテーマを展示いたしました。


光方式による骨密度測定装置 
使いやすいSnuggLe歩行器 
3Dカメラによるリンパ浮腫積測定装置 
座面可変型車いす 
溶けないアイスほか機能性食品 
ISEKI-MaG遺跡発掘、分析・評価
リンパ浮腫・弾性着衣の研究・開発 
お薬り・e-ラーニング~正しいお薬の飲み方 
アントレプレナー・コンテスト  

  

 特に人気のあったテーマは、光骨密度測定装置とSnuggLe歩行器です。光骨密度測定装置はデモ実演によりお客様の骨密度を実際に測定し、測定者・男性60人・女性37人を集めました。また、SnuggLe歩行器はその斬新なデザインから「これは何?」と人目を引きました。

 

vbl-MEX2017-awa2.JPGのサムネイル画像  私の骨密度は?

 

vbl-MEX2017-awa1.JPGのサムネイル画像  これは何だろう?

    

                      

 今年のMEX金沢では3日間合計で55,217名の入場者があり、その中でVBLのブースでは名刺交換をさせていただいたのは87名、訪れていただいたお客様は百数十名になります。
 そして、訪問いただいたお客様とのやりとりで展望・課題や情報集など、いくつかの成果を得ました。

 

1.研究開発から製品化・事業化における過程で課題となるマーケティング・販路に関するテーマで研究している先生と接点ができた(今度お会いすることとなった)。
2.起業した地域ビール醸造会社、女性社長の宿題(今度お会いすることとなった)。
3.光骨密度測定装置の測定データの正確性の向上のヒントとなる情報通信技術~高専・K先生研究室と金沢大学・田中研究室との学生を交えた交流の話がまとまった。

 

  これらの成果をもとに、金沢大学から生まれた研究成果を市場に出せるよう支援していければと思います。