金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構

研究資金

開発研究促進助成金(通称「ギャップ・ファンド(GAP FUND)」)について

開発研究促進助成金は、本学教職員の発明(技術移転が可能となる発明に結びつくための実験、試作品の製作を含む。)について、試作品等のわかりやすい形にすることにより、技術移転を進めることを目的として、金沢大学が平成17年度に創設した助成金です。
この助成金は、研究者の申請を基に、開発研究促進助成金選定委員会で内容の審議を行い交付の決定をします。

イメージ

なお、助成金が交付された後、技術移転が進み対価収入があった場合は、交付した助成金額が実施補償金の中から控除されます。

手続きについて

開発研究促進助成金の申込みは、随時受け付けております。開発研究促進助成金交付申請書を研究推進部産学連携課知的財産係までお送り願います。開発研究助成金選定委員会を開催し、交付を決定します。この際に申込者は出席していただくことがあります。交付の決定後、助成金が交付されます。

1. 申込み

開発研究促進助成金交付申請書を研究推進部産学連携課知的財産係までお送り願います。

2. 選定委員会による審議

開発研究助成金選定委員会を開催し審議します。この際に申込者は出席していただくことがあります。

3. 交付決定・助成金の交付

交付の決定後、助成金が交付されます。

4. 試作品等の開発

5. 技術移転

KUTLOにより技術移転活動が推進されます。

6. 助成金の返還

技術移転が進み、対価収入があった場合は、交付した助成金額を実施補償金の中から控除されます。

関連規程

問い合せ先

研究推進部産学連携課知的財産係
tel: 076-264-5960-6176
mail: titeki@adm.kanazawa-u.ac.jp