金沢大学先端科学・社会共創推進機構

NEWS

【公募情報】准教授又は助教(リサーチ・アドミニストレーター)学術研究推進

金沢大学 先端科学・社会共創推進機構 教員公募要領


1.公募人 員:准教授又は助教(リサーチ・アドミニストレーター)1 名


2.採用予定日:令和 4 年 12 月 1 日以降のできるだけ早い時期


3.勤務形 態:常勤・任期あり(原則 5 年※)、再任(任期無し)可


※引き続いた本学在職歴を有する者については、当該期間を通算して 10 年を超えない範囲内での任期となります。


任期中に 1 度の再任審査を行い、合格(再任)となれば任期無しでの継続雇用となります。再任審査事項


1) 研究支援、戦略策定支援業務に関する活動等

2) プレアワード業務、ポストアワード業務に関する活動等

3) 大学及び社会への貢献等


4.勤務地 等:金沢大学角間キャンパス本部棟(石川県金沢市角間町)
5.所 属:金沢大学先端科学・社会共創推進機構


  http://o-fsi.w3.kanazawa-u.ac.jp/


6.業務内容:


学術研究推進グループの URA として、金沢大学全体の研究力強化に資する以下の業務に従事していただきます。


1) 大学の研究力強化に資する施策の企画立案

2) 大学の研究力に関する IR(Institutional Research) 業務

3) 大型研究プロジェクトの企画立案・推進

4) 上記を行うために必要なプレアワード業務、ポストアワード業務 等

7.就業時間:専門業務型裁量労働制


8.給 与 等:年俸制が適用されます。


9.応募資格


博士の学位を有し、これまでの研究経験・業務経験等を活かした研究推進業務に強い関心・意欲をもつ者。(博士の学位取得が見込みの場合、その時期を明記すること。)


なお、以下の経験・能力を有することが望ましい。


1)大学等の研究者や企業・自治体等の関係者との円滑な協働ができる優れたコミュニケーション能力

2) 大学等において URA もしくはそれに類する実務経験(特に、IR 業務や組織的な競争的外部資金獲得支援業務の経験を有する方)


    10.提出書類(全て A4 に記載のこと(様式任意)、各 1 部)


1) 履歴書

(顔写真を添付し、高校卒業後の学歴・大学卒業後の職歴を記すこと。また E-mail アドレスを記すこと。)

2) 業務経歴書

3) 研究業績リスト

4) これまでに実施してきた研究、研究開発プロジェクト、研究開発マネジメントなどの内容

(2 枚以内)

5) 着任後の抱負(1,200 字程度)


※応募書類は、全て E-mail にて送付してください。

※5MB を超えるファイルは受け取れないため、超える場合は別途アップローダーを利用してください。

メールのタイトルは「先端科学・社会共創推進機構 教員(学術研究推進)応募書類」としてください。

なお、応募書類提出時には、事務担当から必ず受領の旨を返信します。送信後、1 営業日経っても返信がない場合は、「13.書類提出先及び問合せ先」へお問い合わせください。

※応募書類は当方にて個人情報に留意して処分し、返却はしません。


      11.応募締切:令和 4 年 9 月 28 日(金)17 時(必着)


      12.選考方 法:第一次審査 書類審査


第二次審査 面接(プレゼンテーション等)

※面接のための交通費は支給しません。

※一次審査終了後、面接の必要な方に連絡いたします。

※二次審査終了後、応募者全員へ書面又は電子メールにより合否を通知します。

(令和 4 年 10 月末以降予定)


      13.問合せ先及び書類提出先:〒920-1192 金沢市角間町


金沢大学 研究・社会共創推進部 研究推進課 研究推進総務係

E-mail:risomu☆adm.kanazawa-u.ac.jp 電話:(076)264-6141 ☆を@マークに変更


      14.そ の 他:


1) 特任教員の就業規則は、下記 URL からご覧ください。

「国立大学法人金沢大学特任教員の就業に関する規則」

https://www.kanazawa-u.ac.jp/university/administration/regulation/rules

2) 金沢大学では、ダイバーシティ研究教育環境の整備を推進しています。詳細は下記 URL をご覧ください。

https://cdl.w3.kanazawa-u.ac.jp/index.html

3) 男女共同参画社会基本法の趣旨に則り、先端科学・社会共創推進機構では女性研究者・ URA の積極的な応募を歓迎します。