金沢大学先端科学・社会共創推進機構

金沢大学公開市民講座

読売新聞東京本社北陸支社の協力を得て、一般市民を対象とした公開市民講座を2012年度から開催しています。専門的な内容でありながらも、スライド資料を駆使しながら分かりやすく講義することをコンセプトとしています。

〇 2020年開催 公開市民講座

「ウイルスとの闘いと共存 ―コロナ禍を乗り越えるために―」

新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大は、私たちの暮らしに大きな影響を及ぼしています。今年度の公開市民講座では、「ウイルスとの闘いと共存」をテーマに、人類とウイルスの闘いの歴史を踏まえながら、新型コロナウイルス感染症の予防法や対処法、地域・世界との連携によるウイルス感染症対策を紹介します。

[日時]
10月10日(土)13:00-16:00

[会場]
金沢大学宝町キャンパス 十全講堂
(〒920-8640 金沢市宝町13-1)

[募集定員]
150名(先着)

※画像をクリックいただくと、当日のプログラムや講演要旨などをご確認いただけます。


↓ お申し込みはコチラから ↓
申込フォーム(パソコン用スマートフォン用
※申込締切:10月7日(水)
※上記の申込フォームはフォームズ株式会社のサービスを利用しています。

TEL:076-264-5288/FAX:076-234-4045
E-mail:event@adm.kanazawa-u.ac.jp
お申し込み時には、氏名・フリガナ・電話番号・メールアドレス・住所をお知らせください。

※感染症対策として、当日受付時に体温測定をいたします。また、会場では室内換気や座席数の制限などを行います。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、急遽プログラムを中止とする可能性があります。中止の際は、申込時にご登録いただいたメールアドレスにお知らせいたします。

〇過去の開催講座

年度テーマポスター
2019 北陸・石川の未来をリードする若者たち―グローバル時代を拓く金沢大学の挑戦―
2018「未踏ナノ領域」の開拓に挑む
2017古代を科学する!~技術革新が考古学にもたらすもの~
2016いしかわのものづくりひとづくりまちづくり
2015今を生き抜く働きかた
2014世界の遺跡を掘る
2013資源化される文化
2012金沢大学の研究現場に見る“再生”への道