金沢大学 先端科学・イノベーション推進機構

知的財産の取り扱い

学内発表会の非公開化について

卒論発表会等において、公開される研究成果に発明がある場合には、御注意ください!

特許出願をお考えの発明について、論文発表などの公開を予定している場合には注意が必要です。たとえ、学内で開催され、学生の研究成果に関する発表会であったとしても、公然知られた発明であるとして、特許権取得できなくなるおそれがあります。そこで、知的財産部門では、以下の手順を踏まえて、発表会を非公開とすることをお奨めします。

例)卒論発表会・卒研発表会、修論発表会、これらの中間発表等

(注:博士論文については、上記とは取扱いが異なるので、個別にご相談ください。)

【重要】発表を行う前に、まずは発明届出書を速やかにご提出ください。
  (提出先:研究推進部産学連携課知的財産係)

1. 対外厳秘 又は ㊙ を明記。(必須)

  • 予稿集のような発表原稿すべてをまとめた冊子があれば、その表紙に「対外厳秘」または「㊙」と記載。
  • 会場で配布される原稿・プレゼン資料のスライドに「対外厳秘」等と記載。
  • 保管においても、閲覧制限を設ける等、内容が公開されないようご注意ください。

2. 秘密保持に関するアナウンス(必須)

発表会の冒頭で「発表内容について第三者へ内容を漏らさないよう、秘密を守る」旨、参加者全員にアナウンスしてください。

3. 秘密保持誓約書に署名する(できれば)

参加者全員に秘密保持誓約書へ署名をもらってください。秘密保持誓約書のひな形は コチラ です。誓約書への押印は不要です。

※少なくとも①と②の事項は必ず実行してください。③については、できれば実行してください。実施状況によっては難しいこともあるかとは思いますが、知的財産部門としては、①~③を実行して非公開とされることが望ましいと考えております。